WindowsでkeynoteファイルをPowerpointファイルに無料で変換する方法

MacとKeynoteを持っていなくても、keynoteからPowerpointへ変換

Mac用のプレゼンテーション作成ソフトのKeynoteにはPowerpointファイルの出力機能はありますが、Windowsマシンしか持っていない場合はKeynoteファイルを開くことも、Powerpointファイルへ変換することもできないのでしょうか?

ご安心ください、WindowsマシンでもKeynoteファイルを開いて、Powerpointファイルへ変換する方法はあります。
しかも無料で。

Keynote⇒Powerpointの変換方法

まず初めにhttps://www.icloud.com/へアクセスしてください。

iCloudのログインには、アカウントが必要です。アカウントをお持ちでない場合には作成してください。iCloudアカウントにはAppleIDが必要になります。iPhoneやiPadをお持ちならすでにアカウントをお持ちのはずです。お持ちのアカウントでログインしていただいてかまいません。

もし、アカウントをお持ちでなくて、iPhoneやiPadなど、Apple製品を持っていなくても大丈夫です。Web版iCloudのみを利用する目的でもアカウント作成は可能です。

iCloudにログインしたら、メニュー画面が表示されますので、Keynoteのアイコンをクリックしましょう。

 

 

 

ブラウザ上にWeb版Keynoteが立ち上がりますので、”+”アイコンをクリックして、keynoteファイルをアップロードしてください。
アップロッドしたら、先ほどアップロードしたファイルが一覧に表示されますので、それをダブルクリックします。
keynoteのweb版

 

 

 

keynotoでファイルを開いたら、ツールバーのスパナアイコンをクリックして、コピーをダウンロードを選択します。
pptxの出力

 

 

ダウンロードを選択してくださいと聞かれますので、Powerpointを選択してください。
pptxのダウンロード

 

 

これでKeynoteファイルからPoerpointファイルに変換されたものがダウンロード開始します。

Top